脊柱管狭窄症にはホスピタルケアが必須│坐骨神経痛を鎮める高い効果が認められる

病院

腰に激しい痛みが出ます

観葉植物

腰は体の中でも多く動かす箇所であり、神経も集まっている箇所であることから腰は問題を起こしたくない箇所であります。その腰では椎間板ヘルニアがあります。これが起きてしまうと激しい痛みとなるため、起こる原因を把握しましょう。

View Detail

腰を痛みから守るために

看護師

腰痛といっても油断はできず、場合によっては慢性的な症状にもなるので日々のケアが必要不可欠です。特に体が冷えやすい冬場にしっかりとケアを行うことが腰痛予防になります。生活習慣を見直し意識づけることが何よりです。

View Detail

脚のしびれの主な原因です

医者

加齢に伴い発生する

歳を取るに従い、脚がしびれて辛くなってきたと感じている人も多いのではないでしょうか。脚のしびれや痛みは、坐骨神経痛と考えられ、その原因は加齢に伴い発生することが多くなる腰部脊柱管狭窄症の可能性が高いのです。腰部脊柱管狭窄症というのは、腰椎や仙骨を貫いている脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通る馬尾神経や、そこから分岐する神経根を圧迫するために、坐骨神経痛を引き起こします。脊柱管が狭くなるのは、腰椎や仙骨の骨質や椎間板の線維輪、そして骨の周囲に付着している靭帯等が肥厚してしまうためだとされています。腰部脊柱管狭窄症は、老化現象の1つとも考えられ、誰もが起こる可能性がある病気なのです。また、頸部にも脊柱管狭窄症が起こりやすいと言われています。

治療の考え方

腰部脊柱管狭窄症の治療についての考え方ですが、あまりにも坐骨神経痛による痛みやしびれが激しい場合には、まずはブロック注射をしてみると良いでしょう。ブロック注射とは、患部に炎症を鎮める薬液を注射する方法で、坐骨神経痛を鎮める高い効果が認められています。しかし、ブロック注射は対症療法の1つですから、再発する可能性は十分に考えられます。腰部脊柱管狭窄症を完治させるには、手術が必要となりますが、場所が場所なだけに神経を傷つけてしまうリスクを伴います。ですから、安全な手術を受けるためにも、信頼できる病院を探す必要が出てきます。今ではインターネットが発達しており、病院に関する情報も簡単に入手できるようになっていますから、インターネットで調べてみると良いでしょう。

ヘルニアの改善法

女性

椎間板ヘルニアは腰や首などに特に多く発症する病気です。痛みやしびれが生じるのが一般的ですが、ヘルニアが起こる場所によってはめまいなども現れてきます。最近では椎間板ヘルニアのレーザー治療が人気です。傷口が小さくて済み、社会生活にも速やかに戻れるとして大阪の病院を始めとする専門機関は評判を得ています。

View Detail